糖尿病は早期治療が鍵【食生活の改善により薬を必要としない場合も】

車椅子

担当選びは重要です

脳出血によって引き起こされる後遺症に身体の麻痺がありますが、これはある程度リハビリで回復可能な場合があります。リハビリには機能回復と機能補完の2種類があり、その効果は担当者の技量にもよりますので、どのリハビリ先を選ぶかも重要になります。

詳しく見る

レントゲン

高齢者に多いタイプの骨折

圧迫骨折は、頸椎や腰椎などの椎骨が外部から圧迫されて壊れてしまうという骨折の症状です。骨がもろくなるとそれほど強くない衝撃でも発生するため、高齢者の患者が多いのが特徴です。治療は程度に応じて外科手術や保存療法が行われます。

詳しく見る

医薬品

注射ではない方法もある

糖尿病は自覚症状がほとんどないので血液検査がとても大事です。怖い合併症を引きおこさないために医師の指導のもと治療をしっかり行いましょう。インスリン注射が怖い、面倒と感じる人は飲み薬もあり外出時でも便利になっています。

詳しく見る

脳

正し機能回復を目指そう

脳出血による身体機能の不具合を解消して健康状態を良好にするには適切なリハビリが不可欠です。患者の体調に適した方法でリハビリを行う他、気力を保ち続けることも重要なポイントになるので医療機関を選ぶ際は十分に注意します。

詳しく見る

骨

癖になる病気

閉経後の女性のように骨密度が低くなると発症しやすいのが骨折です。その中でも圧迫骨折は癖になりやすいので注意が必要です。骨折の連鎖を防ぐという意味でも、背中に違和感を覚えた時には病院で検査することが重要です。

詳しく見る

あなたの血は健康ですか

医薬品

サイレントキラー

糖尿病という病気はだれしも聞き覚えがあると思います。一昔前は成人病と言われていましたが、最近では若年世代にも多く見られる病気となっており、他人事ではなくなっています。糖尿病は自覚症状の出にくい「サイレントキラー」と呼ばれます。健康診断などの血液検査で判明することが多く、自覚症状が出たときには時すでに遅し。重篤な合併症を引き起こしてしまいます。糖尿病の治療には大きく、内服薬による治療と生活習慣を見直す改善療法に分けられます。病状が軽度の場合は、食生活の改善により薬を必要としない場合もあります。ただし、薬の必要性や治療の継続については、医師の指示を正しく守る必要があります。病状が慢性化した場合には、インシュリン注射が必要になります。糖尿病は肝臓からインシュリンが生成されず、血糖値が上昇しつづけるため、人為的にインシュリンを摂取することになります。加えて、血糖値を下げるための薬を服用し、治療のために厳しい食事制限や運動指導を受けることになります。糖尿病を放置しておくと、血中の糖分により血管が破壊され様々な合併症を引き起こします。眼底や眼球の毛細血管が破裂すれば糖尿病性網膜症となり、視力が失われます。また下肢の末梢血管が損傷されれば、筋組織が壊死し足を切断することになります。また、腎臓機能へも大きな負荷がかかり、腎臓が機能しなくなる糖尿病性腎性では人工透析が必要となり日常生活が大きく制限されることとなります。

Copyright© 2018 糖尿病は早期治療が鍵【食生活の改善により薬を必要としない場合も】 All Rights Reserved.